米国RSAの講義と実技を日本で修了できる
専門スクール、横浜に初上陸。

RSA/Restoration Sciences Academyとは

本格的なレストレーションを学ぶ専門スクール。

建物の火災や水害後の消臭対策や復旧対策に困っていませんか?RSAは災害復旧に特化した”レストレーション”技術を学ぶ専門スクールです。

たとえば火災後の建物復旧。たとえ火災から免れたとしても、従来の方法では煙の臭いを取りきれずに建物自体を取り壊してしまうことがほとんどでした。また水害による建物の修復も、始めから”できないもの”と諦められている物件が多いのが現状です。

RSAでは、ダメージを受けた建物に科学的にアプローチし、適切な資機材を選択・使用、建物を復旧させる技術を学んでいきます。アメリカはレストレーション技術の先進国。米国バーリントンに本部を持つRSAのカリキュラムを日本にそのまま持ち込み、最新の技術を指導します。

災害後の建物の修復から始まり、ホテルの大規模な修復における禁煙ルームの設置、真菌類に侵食された古い建物の復旧等、レストレーションの必要性はますます大きくなるばかり。時代に求められる新しい技術を、日本で初めて紹介します。

レストレーション/Restorationとは

日本語では【回復】【修復】【復元】。

RSAの求めるレストレーションとは、まさに建物を元通りに復元することを意味します。建物を侵食している汚れやダメージを的確に取り除き、素材本来の質感を取り戻していきます。

レストレーションの対象は、内装はもちろんのこと床下や壁面内部等の躯体や構造にも及ぶため、自然災害や人的被害等、建物のあらゆるダメージから復旧させることを目的とします。いままで取り壊す以外に方法がなかったものを復元することで、建物修復にかける工事費用と作業時間を大幅にカットすることが可能となります。すなわち、従来のスクラップ&ビルド型の建物管理と比べ、飛躍的に収益性を高められることから、アメリカでは既に巨大産業として成立しています。

近代日本の建物管理方法としてはほとんど知られていない技術なので、取り組む人はまだわずか。しかしながら、環境保全・コスト削減に大きく貢献するレストレーション技術は、今後の日本の建物管理において必ず注目される技術と考えられます。

カリキュラムについて

実技指導ベースの体感型講座が特長。

レストレーションを行うための技術は全て学べます。全ての基本となるカーペット・ハード面等のクリーニング技術、資機材の選択・使用方法などの基礎講座からスタートし、消臭・水害復旧等の専門技術へ移ります。

すべてはアメリカの認定協会の基準を満たした講座で組み立てられるため、段階ごとの認定を受けられます。またIICRCの基本知識を一緒に学ぶことも可能。(希望すればIICRCの認定テストも受検可能です)

RSAの最大の特徴は全ての講座を実技指導中心で行うこと。科学的根拠に基づいた理論を実践的に裏付けながら、実際に技術として使えるように手厚く実技指導を行います。

講習会 スケジュール

講習会のスケジュール告知・開催予定などは当サイトに随時掲載してまいります。

Page top icon